『メンバーの才能を開花させる技法』は、三省堂の渡邉さんに続きダブりを承知で私もお薦めしたい好著です。原著は5年前の刊行。やっと邦訳の登場ですが、5年前とは思えない新鮮さ、言葉を換えれば日本のリーダー論が遅れている事実を痛感せざるを得ません。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。