プロ野球界で一番、頭が良い選手は誰か。そう聞かれたら、一緒にプレーをした中では古田敦也さんの名前を挙げる。プロに入って2年目。米国のアリゾナ州ユマで行われた春季キャンプ中のことだ。野手全員で盗塁の練習をしていた。捕手の送球練習も兼ねていたので、投手も盗塁をしてくるのが分かっているから、素早いクイックモーションで投げる。当然、投手が投げ始めてから普通にスタートを切っても、二塁でアウトになってしまう。何度もアウトになっていると、古田さんにこう言われた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。