21世紀において、中国が米国と並ぶ二大帝国になることは間違いない。朝日新聞の中国専門家として著名な峯村健司氏は、『十三億分の一の男』において、習近平の江沢民、胡錦濤との違いについて興味深い記述をしている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。