近年、中国の高齢者ビジネスに注目が集まっている。日系も含めた外資の参入も増えてきているが、高齢化のさらに先を見据えた葬儀ビジネスも注目に値する。葬儀は安定した需要があり日本では葬儀社の9割が黒字経営といわれているが、葬儀の簡素化により減収傾向にある業者も増えている。それでも市場規模は1.7兆円、エンディング産業全体で見ると3.8兆円の規模があるといわれている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。