中国の習近平政権は「ハエもトラも叩く」と宣言した上で、汚職摘発キャンペーンを強力に展開している。数々の大物政治家をはじめ、摘発した官僚は5万5000人を超えると伝えられる。「政治=共産党一党独裁」と「経済=市場原理導入」の両立という特異な国家モデルは限界も指摘されるが、腐敗一掃で延命できるのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。