2011年以降、ベトナム政府は成長よりも安定を重視した経済運営を行ってきた。14年以降も安定重視の看板を依然下ろしてはいないものの、実態としては景気刺激策によって経済成長率の目標達成を順守しようとする姿勢が強まったように見える。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。