現在普及している米インテュイティブ・サージカルの「ダビンチ」は、腹腔鏡手術を、ロボットの支援で進化させたもの。外科医が、操作ボックス(コンソーラー)に映る3Dの映像を見ながら、手元のコントローラーを操作することで、鉗子に当たる器具が動く仕組みになっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。