一番の巨大科学は浮き世を離れた理学の中にあると聞かされたことがある。確かに、惑星探査機には巨額の費用が掛かるし、素粒子実験の加速器などは幾つもの国の科学技術予算の相当部分を使う。それらは何百何千人もが関わるプロジェクトになり、人里離れた研究室にこもった老博士が誰も知らないうちに世界を揺るがす大発見をするというのは小説の中だけになりつつある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。