うつ病患者の脳内では、神経伝達物質の「セロトニン」濃度が低下していることが知られている。近年は自閉症スペクトラム疾患(ASD)や、注意欠陥多動性障害(ADHD)を持つ人の脳内でもセロトニン濃度が低下していると指摘されてきた。先日、米オークランド小児病院から、こうした障害の悪化を防ぐ一つの手段が提案された。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。