3月25日、東京都新宿区の超高層ビルに本社を構える外資系生命保険会社アフラックの社内には、少なからぬ衝撃が走った。「大竹最高顧問のご退任にあたって」――。チャールズ・レイク会長と山内裕司社長の連名で、アフラック日本社の創業者である大竹美喜氏の退任を知らせる文書が、掲示されたからだ(正式な退任日は3月31日)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。