世界ランキング1位の女子テニス選手、セリーナ・ウィリアムズが、時速200キロメートルを超えるサーブをセンターコートに叩き込むと、会場のファンから「GO、セリーナ!」と大きな歓声が上がった。カリフォルニア州のインディアンウェルズで毎年開催されるテニス大会に、同州出身のセリーナが出場するのは14年ぶりだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。