プロ野球が27日に開幕した。プロ野球選手にとって開幕は「さあ、始まるぞ」という思いと同時に、不安を感じる瞬間だ。シーズンの初打席では、緊張で足が震えたものだ。若いときには「結果が出なかったとしても、使った監督が悪い」と開き直ることもできたが、年を取るにつれて逃げ道はなくなる。「俺が落ち着いていないと、周りが落ち着かない」と考えるほど、余計に緊張した記憶がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。