2011年3月、熊本市が近隣2町と合併し、総人口72万8000人と70万人の大台を突破した。この70万人という数字、熊本市にとっては何としても越えるべきハードルだった。一般的には100万人都市のイメージが強い政令指定都市だが、現在、法的には50万人以上が要件。とはいえ、かつて50万人で指定された例はなく、05年に政令指定都市入りした静岡市が、過去最低の70万人以上という水準だった。だからこそ70万人は必達の目標だったのだ。そして12年4月、熊本市は念願の政令指定都市に移行した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。