「県民性」という言葉があるが、同じ県内でも文化が違ったり、住民の気質やものの考え方が違う場合がある。往々にしてそれは、廃藩置県以前の行政区分が違うからということが多い。藩が違えば「藩民性」も違う。歴史紀行作家の中山良昭氏が、主要藩の藩民性を解説する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。