「多摩の首都」。近年、その称号をめぐる下克上が始まっている。東京都民のベッドタウン、多摩エリアの覇者といえば、一昔前なら迷うことなく56万人もの人口を抱える八王子市だ。約350年前、甲州街道最大の宿場町、八王子宿が整備されて以降、多摩の王者として長く君臨し続けてきたからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。