「信濃の国は十州に 境連ぬる国にして そびゆる山はいや高く 流るる川はいや遠し~」 全国にある都道府県歌の中で、長野県歌の「信濃の国」ほど県民に愛され歌われるものはないのではないだろうか。信州出身の記者もそうだが、ほとんどの県民は小学生のころから行事のたびに歌ってきたので、今でもそらで歌うことができる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。