群馬の中心で利根川を挟んでにらみ合う東の前橋と西の高崎。仲たがいの原因は、明治初期の廃藩置県の際に繰り広げられた県庁争奪戦だ。1871年に群馬県が設置された当初、実は県庁は高崎の高崎城址に置かれた。だが翌年、日本陸軍は高崎城址に鎮台(部隊)を設置すると決め、県庁は一時的に前橋に移転する。73年、群馬県は入間県と合併して熊谷県となり、県庁は熊谷に移転。その3年後の76年に熊谷県は分割され、再び群馬県ができ、県庁は高崎に戻ることになる。だが高崎城址には陸軍が駐屯したままであり、仕方なく群馬県庁は高崎市内の寺などに分散して設置されてしまう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。