「悪い低金利安定」の構造は、多少のことでは揺るがないほど固まっている。だが、決して永続するものではない。もし金利が上昇すれば、その影響は大きい。国債の発行額が年々増大しているため、長期金利が1%上がるだけでも、政府の利払い費が急増するからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。