ソフトバンクの孫正義社長が、史上初という感情認識型ロボット「ペッパー」をお披露目したのが昨年6月のこと。成熟したスマートフォン市場の次を見据えて、家庭用ロボットを使って新しいプラットフォームを築こうという“大増殖計画”の舞台裏をのぞいた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。