中長期的に見ると、中国の成長率は確実に鈍化する。「長期的な潜在成長率を決める要素は、人、モノ、技術進歩」(高山武士・ニッセイ基礎研究所研究員)だ。「人」は労働量(生産年齢人口×労働時間)、「モノ」は生産設備やインフラなどの資本ストック、技術進歩は生産性を意味する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。