石油危機後の1970年代終盤から1980年代にかけての時期には、経済や産業のパフォーマンスの点で日本が米国を凌駕したとする、いわゆる「日米逆転」論が高まりを見せた。しかし、1990年代に入ると流れは逆転し、米国経済(産業)が日本経済(産業)を再び凌駕するに至ったとする、「日米再逆転」論が支配的となった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。