ピケティブームで格差問題の大合唱が巻き起こっています。ただ、欧米ほど極端ではない日本で、格差自体が悪だとは言い切れません。むしろ、格差の固定化こそが問題であり、持たざる者や若者などに格差を是正する機会が限られていることに焦点を当てるべきだと思っています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。