「消費者物価については、原油価格の大幅下落の影響から、2015年度にかけて下振れている」──。日本銀行の黒田東彦総裁は1月21日の金融政策決定会合後の記者会見で、原油安が消費者物価の押し下げ要因となっているとあらためて強調した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。