「これは現代の光だ。……この光は王様や廷臣によく似合う」 世界で初めて、石油が掘り当てられたのは1859年8月のことだった。米ペンシルベニア州の片田舎、タイタスビルの農地で、20メートルの井戸から黒い液体がにじみ出ているのが発見されたのだ。掘り当てた男は、自称“大佐”のエドウィン・ドレーク。実は、彼は鉄道の元車掌にすぎなかったのだが、当時、石油掘削の試みは正気の沙汰とは思われていなかったため、偽の称号を用いて、地域住民を安心させていたのだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。