オレンジ色の服を着せられた2人の日本人の間に立ち、サバイバルナイフをかざす黒服の男。衝撃的な映像が動画サイト「ユーチューブ」から流れた。黒服の男はイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の一員とみて間違いないだろう。官房長官の菅義偉は2人の日本人について、すでにシリア国内で拘束が報じられていた湯川遥菜(42)と、取材のため現地入りしたフリージャーナリストの後藤健二(47)と断定した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。