「インフレ率1%を切る、日銀の目標2%の達成に赤信号」──。こうした報道を見て、違和感を持つ人も多いのではないだろうか。当然である。実際にはもっと物価は上がっている。ここで言われているのは、金融緩和政策の効果を測るために「消費税の影響を除いた」数値だからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。