1980年代半ばから進行した急速な円高は、日本企業の経営行動に大きな影響を及ぼした。円高のきっかけとなったのは、1985年9月に米国ニューヨークのプラザ・ホテルで開催された先進5カ国蔵相会議(G5)が、国際協調による円高誘導を決めたことであった。この「プラザ合意」以降20世紀末までの時期に日本経済は、円高不況からバブル景気を経てバブル崩壊に至る激しい変転を経験することになった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。