人口減少の影響は皆さん肌で感じていると思います。それでもその「不都合な真実」というべき未来から自治体は目を背けてきました。アベノミクスにより日本経済は大企業を中心に良くなっています。ですが、地方経済にはその実感がありません。そのため、自治体関係者には「本当に地元が消滅してしまうのではないか」、そんな恐怖感があったのでしょう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。