為替レートが円安に動き、株価が上昇している。この原因として、欧州金融混乱の沈静化、日本銀行の追加緩和、アメリカの景気回復などが指摘される。これらはほぼ同時に起こったので、どれが原因かを見極めるのが難しい。どれもが影響していることも、もちろんあり得る。しかし、何が最大の原因だろうか?

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。