「何がはやっても不思議ではない」──。厚生労働省幹部は、海外から来る感染症に振り回された2014年をそう総括する。14年は、程度の差はあれ、日本を含めた全世界が、「人類存続の危機」を想起した年となった。言わずもがな、西アフリカを中心に現在も猛威を振るっているエボラ出血熱だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。