直径10センチメートルに満たないL字に曲がったパイプの中を、数珠つなぎになった球体のロボットがその体を回転させながらゆっくりとはって進んでいく──。東京工業大学発ベンチャーのハイボットが開発した「テース(THES)」に、石油会社や化学メーカーが熱い視線を送っている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。