IFRS反対派向けの“ガス抜き”などと批判されながらも、何とか7月に公開草案の公表にこぎ着けた日本版IFRS。日本企業が使いやすいよう、IFRSの基準のうち、のれんの償却など、一部の改変を行うことでIFRS財団から「IFRS」の4文字を使うことを禁じられた。このため修正国際基準(JMIS)というのが正しい言い方だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。