この季節にうってつけの一冊が出版された。『間違いだらけの鍋奉行』がそれ。私は鍋を囲んで楽しむのは大好きだが、鍋を食べるのは苦手でもある。一緒に鍋を囲む人によって、味わい、楽しさが全く違ってきてしまうからである。本書に「鍋を囲む心得」があり、「最も大切なのは『人選』である」とある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。