「奥羽山脈を境に、勝ち組と負け組が分かれた」──。東北地方のゼネコンを取り巻く現状について、地元業界関係者はそう口をそろえる。  これまで、宮城と福島、そして山形の南東北3県は、陸上交通網の発達により、「仙台経済圏」と呼ばれる地域経済を形成してきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。