スペイン北東部のカタルーニャは11月9日にスペインからの独立を問う非公式な住民投票を実施した。81%の州民が完全な独立国を希望し、10%が独立した州を望んだ。「非公式」なのは当初予定していた独立を問う住民投票が憲法違反だとして中央政府が禁止を命じたためだ。憲法裁判所はこの非公式な投票にも差し止めを命じたが、カタルーニャの州政府は投票を強行した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。