尊厳死(death with dignity)──。若い米国人女性ブリタニー・メイナードさんが11月1日に予告通りに自らの命を絶ったことで、世界的な認知度が一気に高まった言葉だ。 末期がん(terminal cancer)で余命半年と宣告され、医師に処方してもらった致死薬(life-ending medication)を飲んで息を引き取ったメイナードさん。次は、彼女がフェイスブックに最後に書き込んだメッセージだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。