社外取締役を誰にするか──。会社法の改正もあり、社外取締役の検討を始めたことは、コーポレートガバナンスの強化のために、良いことだと思います。経営に透明性を持たせ、経営効率を厳しくチェックしながら企業を成長へと導く社外取締役の導入は、海外ではすでに当たり前で、日本でも上場企業の多くが導入しています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。