原油価格が下落している。米ドル高に加え、需給が緩んでいるためだ。需給緩和の理由は、需要面は欧州を中心とした世界経済の回復遅れ、供給面は北米のシェールオイルやオイルサンドの増産が大きい。通常であればOPECの生産調整が期待される場面だ。しかし、OPECの生産量は、主にリビアの原油生産量回復により増加している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。