2014年7月29日、共産党中央は周永康元政治局常務委員の“落馬”を公表したのとほぼ同時に、中央委員会第四回全体会議(四中全会)にて“依法治国”(法に依って国を治めること)を議題の中心に据えることを公表した。「四中全会で“法治”がどこまで集中討議されるかどうかによって、習近平の権力基盤がどれだけ固まっているかが判断できる」(太子党関係者)

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。