7月4日、一つの映像が動画サイトYouTubeに投稿された。黒のターバンとローブを着けたひげ面の男が、おもむろにイスラム教の聖典「クルアーン(コーラン)」を朗誦し、演説を繰り出す。 アブバクル・バグダディ。この男は、イスラム教における最後にして最高の預言者であるムハンマドの後継者「カリフ」であると主張。カリフ制による「イスラム国」の樹立を宣言した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。