中国・春秋時代の戦国の世に生まれた孔子(紀元前551~479年)が、自らの考えや古典を編さんすることで築き上げた思想。政治的リーダー(君子)には「仁」(人を思いやり、慈しむ心)が求められ、法でも力でもない「徳治政治」が理想であると説いた。仁を身に付けるための学問的体系が儒教といえる。孔子の死後、その言行を弟子たちが『論語』という書物にまとめた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。