東南アジアの多くの国では、昔ながらの公設市場や個人商店などいわゆる伝統的な小売りがいまだ主流であるが、都市部を中心にショッピングモールやスーパー、コンビニエンスストア等が広がってきた。しかし、近時、これらの動きに加え、E-Commerce(EC)ビジネスが急速に伸長してきている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。