「嫌みなんか軽い方で、罵倒されたりお尻を触られたりなんて日常茶飯事。毎日、我慢しながら働いている」そう語るのは、特別養護老人ホームで働く40代前半の女性。離婚後、一人息子を育てるため一念発起してホームヘルパーの資格を取得し、朝早くから夜遅くまで仕事に明け暮れている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。