アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)が金融緩和からの脱却を図りつつあるのは、経済が好調だからだ。実質GDPは、2010年ごろから継続して前年比2%程度で成長している。その結果、13年の実質GDPは、リーマンショック前のピーク(07年)に比べて5.6%ほど大きくなった。国際通貨基金(IMF)の予測では、今後実質GDP成長率は加速して、3%前後になる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。