「酎ハイを増税する理屈が見つからないんだよね」。財務省のある幹部は小さな声でこう漏らした。税制改正の大筋が固まる年末を控え、財務省では、酒税法の改正をめぐり、議論が佳境に入っている。現在、財務省内では、350ミリリットル缶当たり、ビールを5円程度の減税、第三のビールを12円程度の増税とする方向で話が進んでいる。ビールメーカーには、長年の悲願であるビールの減税が視野に入ってきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。