福岡市街から車で40分程度の所にある九州大学伊都キャンパス。敷地内には、近未来を思わせるデザインの建物・研究棟が立ち並ぶ。水素関連の研究施設が集積する、通称・水素キャンパスだ。九州大学の水素研究を統括する佐々木一成教授は、今年、研究に携わって25年という節目の年を迎えた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。