誰が電気自動車を殺したか?──。1996年に米ゼネラル・モーターズ(GM)が電気自動車(EV)をリース販売した。米カリフォルニア州のZEV(無公害車)規制の厳格化を追い風に、トム・ハンクス演じる初期ユーザーから大絶賛されて予約が殺到するのだが、突如として、市場からEVが消えてしまう。その謎に迫ったドキュメンタリー問題作だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。