先日、大阪と京都へ小旅行。外国人観光客の多さや大阪城のエレベーターガイドさんの流ちょうな英語に驚き、そして目に付いたのがスカーフをかぶったイスラム系の女性たちです。世界人口の4分の1を占めるイスラム教徒の受け入れは、観光立国の重要なポイントで、イスラム法で「合法」を意味するハラールへの対応が急がれています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。