日銀が昨年4月、異次元金融緩和の導入で実現を約束した「2年程度で2%物価上昇」という物価目標は、実現がますます危うくなっている。このため、市場では年内にも日銀が追加緩和に踏み切るとの観測が台頭しているが、果たしてそうだろうか。「べき論」で言えばやるべきではないし、そもそも異次元金融緩和の「賞味期限」は切れており、「勇気ある撤退」の検討に入るべき時期ではないかと思う。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。