2025年の超高齢社会のピークを控え、社会保障費の高騰が問題視されている。国の介護政策は病院や施設中心の介護から、自宅を中心とする住み慣れた地域での介護へとかじが切られている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。